ランニング・ハイ!2018播磨中央公園20km

f:id:fniku:20180225205732j:image

龍マン主催のロードレースなどでおなじみの播磨中央公園。

公園内の1周5kmの周回コースで行われるマラソン大会「ランニング・ハイ!」。去年に続き今年も走ってきました。

参加人数が少なく、練習会(草レース?)のような雰囲気の大会ですが、MCのお姉さんが終始しゃべり倒してくれるおかげで寂しい感じはありません。

距離は20kmと30kmがありますが、昨年の自分と勝負するため(という言い訳にして・・・汗)、4周回の20kmで。

去年のタイムは1時間29分02秒。

周回ラップ 22分41秒 - 22分29秒 ー 22分23秒 ー 21分29秒。

コースのアップダウンにビビって前半抑えすぎ、最後の周回だけはM田君(一緒に参加した当時の職場の同僚)と競ってペースアップしたもの(ゴールスプリントで見事に敗北(-_-;))。

今年は、最初の1周は上げて入り、2周目と3周目をイーブン、4周目は頑張る作戦で挑む。

1周目。珍しく下りで頑張れるが、この冬体重絶賛増量中のせいか、とにかく登りが苦しい。

2周目。同じ20kmの女性トップに抜かれる。追いすがろうとちょいちょい上げてみるものの、中々追いつけん。

3周目。登りでは完全に脚が止まる。重たくて前に進まない。

4周目。女性トップは、前方のはるか彼方へ。代わりに前を走る男性のペースが落ちてきたので、頑張ってみたがまったく追いつけず、終了。

タイムは1時間28分12秒。昨年を50秒ほど上回り、1年前の自分に勝った!

周回ラップも21分48秒 - 22分20秒 - 22分14秒 - 21分50秒 と、ほぼ予定通り。

なかなかイイ練習になりました。今年中にハーフで1時間30分を切りたいので、一先ずの脚がかりになります。

 近くの温泉「ぽかぽ」で汗を流した後、西脇市にある精肉店「肉処 樹」へ。

f:id:fniku:20180225205743j:imageここは、兵庫県の有名な生産者「川岸畜産」の直営店。「はりちゅう」から意外と近い事を最近になって知ったので、今回初めて行ってみました。

神戸ビーフですから当然お値段がアレがアレで・・・となりますが、リーズナブルなモノもラインナップされているので、恐れなくても大丈夫でした(笑)。

 

帰宅後、録画していた東京マラソン中継を観戦。設楽悠太選手が、日本記録を更新。

その設楽選手が履いていたシューズがナイキ「ヴェイパーフライ 4%」。

ただでさえ、福岡国際マラソン3位の大迫選手、箱根駅伝東洋大学の活躍で過熱気味の「ヴェイパーフライ 4%」熱がさらに上がり、オーバーヒートしそう。

生来の幅広アシックス足で、ナイキの足型が合わない私にはまったく関係ない話ですが、あれだけ騒がれると履いて走ってみたいですね。