読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第22回鳥取城攻防懐古登山マラソン大会

6月5日(日)

4年ぶりに参加しました。久松山を走るこの大会。

第22回鳥取城攻防懐古登山マラソン大会 - NetNihonkai-日本海新聞

コースの詳細はこちらの ↓ ブログで(勝手にリンク失礼いたします)。

第21回鳥取城攻防懐古登山マラソン大会
: との、ごRUN心でござる

雁金山、久松山、本陣山の3山を走るアドベンチャーコースがメインですが、私は雁金山を省いた2峰コースで申し込み。

締め切り前日に問い合わせ先への電話でエントリー完了。

go-tukaさんは電話が繋がらなくて何回もかけて苦労されたようです。どこかに申し込み用紙が存在するらしく、入手できれば良いんでしょうが、電話で聞かれた住所、氏名、年齢、連絡先を記入してFAX入れとけばコト足りるのかもしれません。

f:id:fniku:20160619235812j:image

朝まで降っていた雨は止み。曇天ながら気温は高く暑いくらいの気候に。

受付で確認すると今年は鹿野マラソンと同日なのでいつもよりさらに参加者が少ない様子。全部で30名くらい?

f:id:fniku:20160619235832j:image

こんな感じで手作り感満載のこの大会。4年前は手書きの紙ゼッケンでしたが、今回は布製の印刷したモノに進化してました。

スタートは9時30分。まずは公民館から左に行き吉川経家公の銅像前まで。

銅像前を折り返し後、アドベンチャーは直進、2峰コースは右折して久松山の登山道に行くが、私の前を走っていた4、5名全員が直進したので、まさかの先頭に(笑)。

随分、ご無沙汰の久松山。階段登りに馴れていないため、登山道途中で脚が乳酸でパンパンに。結局このダメージを引きずったままで、大好物の本陣山への尾根のアップダウンも脚と腹筋に力入らずペースが上がらないまま。足下は雨でもっとスリッピーかと思ったが、心配したほどでなく普通に走れた。

本陣山からの下りと平坦区間を頑張り、前回タイムを僅かに上回る59分ジャストでフィニッシュ。順位は4位と残念ながら賞状はいただけませんでしたが、あまりの走れなさにまったく惜しい気持ちが沸かないのでノープロブレムです。

走った後の満足感のあるコースとトレイルランニングブームとで、ホンキ出して募集すればかなりの参加者が集まると思われるこの大会。これ以上増えたら運営側が大変になるので、現在くらいの大会規模が丁度良いのかもしれませんね。ムリせずこじんまりと続けてほしいです。