読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年シーズンに向けて

まずは2013年を振り返る。
練習量
総走行距離 6,324.9km(実走4,903km、ローラー1,421km)
獲得標高   64,600m
鳥取県東部の猛者達と比べると恥ずかしい限りだが、距離は前年比113%、標高は同153%と自分的にはかなり頑張って乗った方だ。
月間500km以上という目標も平均すれば達成。今年はそれぞれの月で確実に達成することを目指したい。


レース
4月 伊吹山         59分16秒(15.18km/h) 男子F29位(360人中)
    岡山トロッフェバラッキ 1時間12分25秒(30.67km/h) 27位(31チーム中)
   波賀          43分55秒 ロードA男子9位(19人中)
6月 若杉          24分59秒 総合25位(106人中) オープンC8位
9月 乗鞍(短縮コース)      53分23秒 Eクラス123位(1251人中)
   ダルガ峰  43分25秒 総合32位(161人中)オープンC8位
10月 デュアスロンしんごう  1時間46分16秒 総合15位 40〜49歳男子8位
   県ロード  26分43秒 未登録の部6位(12人中)
11月 カーフマン近畿ステージ 1時間38分40秒 エイジ29位(96人中) 年齢別10位
12月 播中2hエンデューロ   21周(2時間3分52秒) 午前マスターの部5位(41人中)


2013年のトピックスは久々のデュアスロンへの出場。
カーフマンでは、はりちゅう等のレースでお世話になっている龍マンの小野さんと荷物の置き場所が近くて話をさせていただいた。本当に楽しそうにデュアスロンに出ておられたのが印象的。レースではまったく歯が立たず、今年、ご一緒できればランで少しくらい小野さんと勝負できるようにしたい。
成績はともかく気持ち良く走れた大会は若杉、ダルガ。若杉山は、登りのペダリングを掴んでからの最初のレースで、特に前半が脚が良く回った(後半は失速。筋持久力のなさを痛感)ダルガは寝不足で臨んだのが良かったのか、力の抜けた乗り方になり、追い風のおかげもあってこれまでのベストを4分短縮。
全力を出し切るような感じではなく、多少余裕をもった走りの方がタイムが出ることを再確認。先日もT先生に乗鞍の心拍を問われて、Ave170と答えたら、「上げ過ぎです」と言われたし・・・。
苦しくてどうしようもなかったのは波賀、乗鞍、県ロード。思い出したくないのは伊吹山!レースどうこうでなく荷物が届かなくて寒かった記憶しかない(笑)。


マイコースTT
河合谷 8月25日 43分22秒
2013年のレコード更新は河合谷のみ。昨年は佐谷や上地は行く頻度も少なかったということもあるが、TTする元気がなかった。


今年も今の環境でどう練習時間を捻出するかが課題。
そのためには、自転車でも仕事でも当たり前レベルをもっと引き上げたい。
早起きしてジテツーして当たり前、きっちり仕事して成績だして当たり前、練習もして子供の世話して当たり前・・・。
スケジュール管理と時間の有効活用感覚を磨きます。老い先短い人生なので、力一杯頑張りたい。


レースは、体重が目標の69kg台になったので、もう少し力を入れたい。
ただし、時間もないし、私の場合どうも長距離移動はエコノミークラス症候群みたいになって体調が維持できないようなので、近場のレースに絞りたいと思います。岡山、兵庫で開催されるヒルクライムデュアスロン、10kmまでのランの大会を中心にするつもりなので、残念ですが乗鞍は今年は出ない予定です。


最後に、鳥取県内や時々レースで顔を合わせるおっさんローディーの方々。
いつも皆さんから自分自身のモチベーションの素をいただいており、感謝しています。
今年もよろしくお願いします。