読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイクルエンデューロin播磨中央公園

f:id:fniku:20141213223325j:plain

播磨中央公園の園内道路1周約3kmを2時間ぐるぐる回るこのレース。

午前の部に出場。21周回で、マスターの部7位という結果でした。

それはもう大撃沈。(泣)

下りが向かい風だったせいか先頭集団のペースはそれほでもなく1時間までは集団内でぬくぬく過ごせましたが、

残り1時間を切ったところで、いきなりペースアップ。

1周は何とか持ち堪えたが、次周回の登りでついていける脚がありませんでした。

完全に練習不足です。2時間耐えられる脚をこの冬作ります。

 (12月23日追記)

もう10日も経ってしまい(汗)、さらにリザルトが龍マンのサイトにアップされてました。

http://dnights.com/ott/result/2014/141213_harima_am.pdf

21周で2時間5分46秒、午前マスターの部21人中7位。

今回は、これまで「はりちゅう」で1度も達成できていない22周が目標。

22周のためには、少なくとも1時間40分までは先頭集団に着かなければならない。

作戦は、「とにかく先頭集団に食らいつく!」

で当日、朝。

swさんが出場回避したため、単独で滝野社まで。到着後、快晴で激寒の中試走を2周ほど。

TTさんは午後の部に出たらしいが、午前の部で知った顔はK村会長くらい。

午前9時30分スタート。

自転車乗るのが下手くそな私の「はりちゅう(時計回り)」の課題。

メインの登りの直後とS字下りの直後で後れない。

とにかくここで離されるんですよね。ぴったり前の人につくことができず、その度に脚を使って追いつかなければならない。

今年は下りが強烈な向い風。

先頭集団は昨年程のペースでなく、要所を踏ん張り何とか着いていく。

途中、アナウンサーの女性の声が聴こえ、

「先頭集団は約20名。そのうちマスタークラスは6名」とのアナウンス。

「よっしゃ!このまま行ったる」と俄然やる気に。

40分位経った頃、下りコーナーで4、5台前の人が落車。

何とか巻き込まれるのを回避。いつもならここで戦意喪失のところだが、今回は集中力が違う。

落車回避の影響で、中切れしかかったところを自分で詰める。

スタートから1時間経過。頼むからこのペースでもうしばらく行ってくれと思ったのも束の間、メイン登りでペースアップ。

全力でついていき、何とか下りに入り生き残り成功。

と思ったら、次周回の登りでつけず、みるみる離され、試合終了。

諦めずに淡々と走って22周達成を試みるも、それまでの疲労が一気にきたのか大腿四頭筋が瀕死状態。まったく登れなくなり14周以降は悲惨なLAPタイムに。

レース終了後。O野さんも知らなかった突如会場に現れたRedBullガール。

f:id:fniku:20141213223446j:plain

 試飲として、スモールサイズのRedBullを無料で配布してました。
渡す前に、Bullgirlが「ぷしっ」と開けてくれます。
f:id:fniku:20141213223508j:plain
この日唯一の収穫です(笑)。もうさっさと撤収して帰宅しました。