読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミッドナイトエンデューロ

遅ればせながらミッドナイトエンデューロ

7月26日20:00~27日6:00までの10時間走る岡山国際サーキットで開催されたミッドナイトエンデューロに出てきました。

Y酪さん、swさん、H本さん、Y本さん、suzukiさん、H原さんと私の7名構成のShoLow'sチーム。

結果は92周回で、トップと14周差。69チーム中13位でした。

f:id:fniku:20140802063815j:plain

 土曜日は休日当番のため、琴浦から単独で直接会場へ。

この日は暑かった。日中の作業は正に地獄。牛舎の通路をほうきで掃くだけでめまいがします。へろへろの体に檄を飛ばしながら18時30分に職場出発。

関金経由で、湯原から湯郷まで高速で。会場には21時30分到着。

サーキットコースの中にあるC駐車場は満車状態。

こんな過酷なイベントにこんなにたくさんの参加者がいるなんて・・・(絶句)。

中国四国近畿の変態どもがここ岡山に集結しているようです。

なんとかスペースを確保したところに、同じく後発組のH本さんが現れ合流、ピットへ向かう。

ピットではsuzukiくん、Y酪さんが走り終え、swさんが帰ってY本さんと交代するところでした。

 f:id:fniku:20140802063449j:plain

[既に疲労の色が隠せない2人]

このエンデューロ、10時間を7人で走るので、1人当たりの走行時間は約1時間30分。

距離的にはもの足らない感じなので、強度は上げなきゃいけないでしょう。 

とりあえず1人5周ずつ走るということで、なぜか6周をこなしたH本さんと交替し7番目ライダーとしてスタート。この時で23時20分。

アップなしなので最初はゆっくりでと思っていたら、最初の登りで既に腿がパンパンに・・・(汗)。

コースは4月に4時間エンデューロで走っているのでよく知っているし、

サーキットコース全体も普通のライトがあれば問題なく走れる明るさ。

脚の合いそうな集団もなく基本的に単独走。いつの間にか後にへばりついている人がいるので回して走ろうと思ってサインを送っても、大概前に出てくれない。

あんまりひどいので3周目は後ろについたところ、タイムを落としただけだった (-_-;)。

LAPタイム 5分51秒、5分46秒、6分00秒、5分49秒、6分14秒

suzukiくんにタッチし、しばらく爆睡タイムに入る。

2回目は1人4周回、2時56分に出番が回ってきました。キツイ時間帯です。サッカーの後半30分って感じでしょうか?

脚が重たくて回らん!1回休むとダメだ~。H原さんの助言の誘惑に負けてペースを落とす。この頃、霧が出始めバックストレート後のヘアピンカーブが怖い。

LAPタイム 6分33秒、6分22秒、6分22秒、6分31秒

f:id:fniku:20140802063831j:plain

[夜明 朝霧のサーキット]

3回目3周回。5時スタート。もう自分の腿はおもりにしかなってません。

LAPタイム 6分30秒、6分24秒、6分23秒

suzukiくん、Y酪さん、Y本さんは4回目に突入。

ここでY酪さん特集。勇姿をご覧ください。

f:id:fniku:20140802064150j:plain

f:id:fniku:20140802064210j:plain

ツールの個人TTのスタートを待つ選手のような風格が漂っています。

f:id:fniku:20140802064332j:plain

f:id:fniku:20140802064249j:plain

suzukiくん到着。F1並の迅速なピット作業です。

さらに、キャプテンY本さん特集。感動のゴール!

f:id:fniku:20140802064645j:plain

ゴールラインを超えて、ウィニングラン。コースからピットレーンに入り逆走します。

f:id:fniku:20140802064653j:plain

感極まり涙をこらえられず顔を上げられないキャプテン。

f:id:fniku:20140802064704j:plain

しかし、切り替えの早いキャプテン。満面の笑みで万歳!

皆さんお疲れ様でした~。

色々準備してくれた先発隊のY本キャプテン、Y酪さん、swさん、suzukiくんに感謝です。こんなコンディションで走るとどうなるかという良い経験をさせてもらいました。

次回は・・・????