読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河合谷FPD練と接触事故

7月6日のデュアスロンに向けて、ほとんどの練習でフラットペダルを使用中。

以前から思っていたことですが・・・、

バイクシューズでTTするのとタイムがほとんど変わらん!(-_-;) 

こんなことだったら、スペシャのシューズとか高い金出して買う必要ねぇんじゃね?

(って、段差とかで踏み込んでると思いっきし足踏み外して、脛にペダルぶつけたりするんですけどね)

・・・で長い登りではどうだろうと考えていたので、本日久々の河合谷へ。

追い風基調で、疲れている割にはとのトンネル坂は調子よくクリア。

長尾酒店の自販機でリアルゴールド補給後、河合谷TTスタート地点へ。

特に休憩入れたりせず、そのままスタート。今日は最初は抑え目、ケイデンス重視で。

最初のLAPポイントである平坦地の岩美町看板を8分10秒くらいで通過なので、なかなかイイ感じ。

・・・で問題はその後。

河合谷は道幅が狭く、山菜採りのご老人や工事関係の車の通行が結構多い。

走る時はいつもホントに気をつけているつもりだったが・・・。

最初の平坦が終わった後の連続カーブで、コーナーをクリアするのに右に寄りすぎていたところに、対面からロードレーサー

咄嗟に相手がカーブで膨らむと思い、さらに右に寄ったら、相手も同じ方へ来て正面衝突。

相手は落車し、側溝に倒れ込む。落車した人がShoLow'sジャージなので、理解ができず頭の中は?マークだらけで大混乱。「すいません」と言う声の主は、H本さんでした。起き上がったH本さん大丈夫な様子。

こちらは停止状態で、H本さんも止まるくらいのスピードまで落ちていたので、ほぼ無傷でした。H本さんホントにゴメンナサイ。

これまで落車(立ちゴケ除く)や事故の経験がまったく無かったのでかなりショック。

やはり河合谷は細心の注意が必要です。以後気をつけます。

謝罪もそこそこにリスタート。

こんな時に限って調子良く脚が回り、以降は斜度が上がって苦しいところでも垂れずに水汲み場まで。タイムは44分14秒。

ベストが43分22秒で、接触事故のことも考えればやはりフラットペダルでも変わらない模様。

2時間25分30秒 62.0km Ave25.6 獲得標高1010m

接触事故を反芻してます。

原因となった右への寄りを猛省し、今後左側通行を徹底します。H本さんすいませんでした。