読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取マラソンのち佐谷

今日も春の陽気。
今シーズン初の佐谷に向けて出発。袋川の河川敷を下っている途中、思い出した。
今日は鳥取マラソンの日だった。
千代川の橋を渡り、まっすぐ布勢に向かうのを止め、左折して本高方面へ。
おとん狐の丘を超え、吉岡へ行き郵便局のある交差点を左折すると、
マラソンの中間地点を通過したランナー達が続々とやって来た。

知ってる人がいないかと探していると、トライアスリートのA木さんが通過。
その後は職場関係のM田くんやI上さんが来るのを暫く待ってみたものの、結構な時間が経ってしまったので、諦めて洞谷へ向かう。
予想以上の気温に、尋常でないほど汗が出てくる。そういえば、ここ数日体調も良くない。洞谷はダンシングでごまかし、何とかクリア。
その後は一定ペースで淡々と走り、佐谷のスタート地点に到着。
河内にある温度計は21℃を表示。体感温度も低くはなく、平地はともかくココまで来ても予想外の気温の高さに参った。
今日は、ここまで一人のローディーともすれ違わず。鳥取市のローディーは、全員「西チャレ」か「鳥取道開通イベント」に出かけているらしい。
・・・と思っていたら、hayashiさんとH原さんが下山してきた。
H原さんは1本終了したところ、hayashiさんは3本完了で帰宅するとのこと。
体調悪いので、あまり上げすぎずに2本がんばろうと思い、スタート。
向かい風が強く、序盤のスピードが上がらない。脚が回らず、樫の木橋までの8分55秒にがっかりしつつ、18分51秒。今シーズン初佐谷としては、まあ良しとしよう。
下って、2本目。脚が重くまったく踏めない。へなちょこダンシングも不発で、1本目から1分30秒落ちの20分27秒。
もう脚が残ってないので、帰路へ。
帰りの河内谷は、追い風で楽々50km超。H原さんとの先頭交代で、あっという間に鹿野に到着した。その後もH原さんと洞谷をご一緒し、吉岡で分かれ、往路と同じ道を帰宅。
3時間17分40秒 82.48km Av25.0 獲得標高1462m


気温の高さにやられて疲労感一杯だったが、久々にしっかり乗ったという気がした。
H原さんありがとうございました。今度お会いした時は、洞谷でアタックに喰らいついていけるように頑張ります。
夜は半分寝ながら、Jsportsでミラノ−サンレモ観戦。
積雪で、レース中断して選手をバス移動、再開って・・・本当にメンタルが強くないと勝てません。
カンチェラーラ3位で表彰台!万歳!