読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復帰戦 第1回八東ふる里の森ヒルクライム

昨日は午前中食のみやこフェスタへ。布勢の公園の紅葉が中々イイ色になっていた。



さて、本日はローカルながら、9月2日のはりちゅう早朝版以来のレース。
悪天候の中での開催となり、とても、寒かった。ホントに寒かった。(泣)
公式タイムは32分58秒で、9位。まあ、練習不足とこの体調では良くやれた方じゃないかとは思う。

序盤の平坦区間は、予想通りの展開。
スタート後、ゼッケン順に並んだ若い番号の強い人達が積極的にペースを作る。
その様子を水しぶきをかぶりながら、後方から観察。
F畜産の牛舎前で、既に中切れが始まっている。上がっていくと、hayashiさんが集団から離れている。
作戦なのかメカトラなのか分からないが、とりあえず、hayashiさんの前に出る。
今度はkikoushiさんに追いつくことを目標に詰め、まだそれほどきつさはないので、前に出てみる。
結構離れてしまったが、先頭はdekiさん、A田さん、nakaoniさん、会長さんの4人と思われる。
先頭の4人に追いつくことは諦め、マイペースで走っていると・・・会長さんが落ちてきたので吸収。
その後に、hayashiさんに交わされ、kikoushiさん、konaさん、会長さんとのグループで。
なんとかついて行きたかったが、斜度が上がるとhayashiさん、kikoushiさんの2名に置いていかれ、下りがあっても追いつけない。
ここ1カ月ほど心拍上げる練習が皆無だったせいか、両腕が乳酸で痺れて動かない。
konaさんにもじりじり離され始めた。ダンシングで間を詰めようとするが、痺れた腕ではままならず。頭も酸素不足で、ぼーっとしてきたところで、会長さんにエライスピードで差し返された。
その後、swさん、キャノンデールの人にも抜かれる。
キャノンデールの人には抜かれ際に「きついっすね」と声をかけられたが、何も返答ができないくらいに一杯になっていた。(汗)
この2人に何とかついていったが、残り1kmの斜度が上がったところで、離される。
サングラスが曇って目の前は真っ白、頭も酸欠で真っ白だった。
ゴール前でswさんのペースが落ちているのが分かったが、ラストスパートする気力がまったく残ってなかった。
ゴール後は寒さに震えながらだったが、じゃんけん大会等大盤振る舞いの賞品をたくさんいただいた。


久々のレースはあまりにキツかったが、良い練習になった。今の自分の弱点も再確認でき、成果もあった。
帰宅後、早速いただいたリンゴを食べたが、とても美味しかった。
皆さんお疲れ様でした。主催の館長さん始めスタッフの方々には、豪華賞品の準備等大変ありがとうございました。
来年の開催も期待してます。できれば、天気の良い日で・・・。