2012 鳥取県サイクルマラソン


鳥取県サイクリング協会主催のサイクリング大会。
「シャトーおだか」から関金までの往復120kmを走った。(実際の走行距離は125kmの模様)
とにかく、疲れた。
往路はともかく、復路は、琴浦町の家畜市場の坂あたりから攣りまくり。
両脚の筋肉で攣ってない場所はないくらい色んな筋肉が攣り、
淀江の坂では皆生の練習でお約束となっている両脚が同時に攣った(涙)。


本日の目標は、前半だけでもトップ集団にくらいつくこと。
先日の県ロードの反省から必要性を感じていた練習だが、後半地獄を見るのは覚悟の上で、
(あわよくば最後まで)同時スタートのnakaoniさんを目標にしていけるところまで
ついて行くことにした。


9時3分にスタート。早速粉Cさん、nakaoniさんがペースを上げる。
特に、粉Cさんはついていくことを躊躇するくらい尋常でないハイペース。
白鳳高校からの登りも皆さんのペースが落ちず、振り切られそうになりながら何とか持ち堪えた。
下りきった後の交差点から広域農道、第1CPまでnakaoniさん主体のトレインで、
米子の人、K村さんといった県ロード未登録の部上位3名が含まれていて、
こちらの目論見どおりの集団に入る事に成功した。
琴浦の大成の長い坂では、脚に来ていたので耐えきれず切れ、
100mくらい離されあきらめかけたが、美好の交差点の信号に助けられ何とか追いつけ、
そこから、折り返し地点の関金までなんとか集団に残った。
LAPは取り忘れたが、GARMINのデータでは1時間55分を切るタイム。
折り返し地点ではnakaoniさん達は大して補給もせず、あっという間にいなくなってしまい、
残った米子の2名の方とスタートしたが、農業大学校の手前の坂で2人について行けず、
そこから完全に切れてしまった。
その後は、向かい風の中、動かない脚をマイペースで何とか回す一人グルペット状態。
琴浦倉坂の坂の手前で、粉Cさん、swさんは私の背中をボンっと叩き爽やかに追い越していった。
復路の残りは前述のとおり、脚の痙攣との闘い。忍耐の2時間40分だった。

4時間27分31秒 125.7km Av28.2 獲得標高1,721m
所期の目標は達成したので収穫はあった。
悔やまれるのは、土曜日の夜にウェイトトレーニングをしてなかったら、
もう少し長く持ち堪えられたのでは?と思う。
次は「はりちゅう」で頑張りたい。

レース中には往路はもちろん復路は別の意味で写真を撮る余裕がなかったので、
数少ない写真から。
H原さんのウェアとのコーディネートばっちりのニューマシン。

どれだけ出し切ったかの証明。走行後の自家塩田。

帰りに寄った道の駅「物産館ことうら」

トビウオの卵。トビコ。
醤油の煮付けは母親に子どもの頃死ぬほど食わされ、嫌いだったが、
今では食べる機会がほとんどない高級食材に。

尻高(しったか)。我々の地域では「しただに」と呼んで、
子どもの頃海で茹でて食べていた巻貝。
鳥取県中部の居酒屋では、お通しで出すところもあるらしい。

swさん購入の初物。今年のスイカは最高の出来とのこと。

皆さんお疲れ様でした。また一緒に悶絶しましょう。