読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波賀 残念。

本日はスーパーヒルクライムin波賀。
天気は最高に晴れて、気温も上がり、鳥取市は夏日。
戸倉峠の温度計も27度を表示していた。


今回の波賀。まったくやる気なし。
今週は仕事が忙しい上に飲み会もあったり、睡眠時間を確保するのが精一杯。
月曜日から木曜日まで何もせず、金曜朝に30分ローラーというレース1週前調整となった。
なので、目標はとりあえず昨年のタイムを上回ること。
会場には7時40分到着。
ローラーで20分ほどアップ。予想どおり体が重く感じ、速度も出ない。
波賀のレースは南コースと西コースの2本。
南コースから、9時スタートなので、8時45分に下って、スタート地点へ。
(いつもお世話になってます)小野代表の合図で、1本目の南コーススタート。
最後尾からのスタートとなり、ちょっと慌て気味に前を追ったせいか心拍が一気に上がり、
ものすごく苦しい。
苦しみながら、10名くらいの先頭集団の後ろにつくが、斜度が上がるところで、
私の1人前にいた人で中切れ。イン側にいたため、即対応できず結局集団に置いていかれた。
本日は、ダンシングを封印し、シッティングでケイデンス走法という方針だが、
脚が重く、回っているかんじが全くしない。
それでも、集団からこぼれた数名をパス。
さらに前を追うが、前方の人との20mの差がなかなか詰まらなかった。
1本目22分53秒。昨年のタイムを12秒なんとか上回った。


休憩の後、2本目の西コースを10時30分スタート。
西コースは前半が比較的緩やかで、前半どれだけ集団について行くかがポイント。
1本目を反省し、前でスタートしたが、またしてもすぐに一杯になる。
昨年はかなり集団の中で粘れたが、今年はそうそうにチギレた。
ダメージがあるせいか、1本目よりもさらに苦しい走り。
気持ちが切れないようにひたすら耐える。右折後の劇坂区間もひたすら我慢。

去年は苦しいながらも脚は回っている感じがあったが、今年はただキツイだけ。
2本目20分58秒。昨年比5秒落ち。
トータル43分52秒(26人中9位)で、昨年より6秒短縮したものの、やりきった感というか爽快感はゼロで、悔しい内容のレースだった。


昨年のレース後、当ブログに来ていただいたベルマーレジャージのskdさん。
今年も参加されていたが、1本目スタート前、レース中、2本目レース中と、相次ぐパンクで無念のDNF。
2本目の前半、先頭で積極的な走りを見せておられたが、残念でした。
またどこかのイベントでご一緒しましょう。


表彰式後は、フォレストステーションの温泉に入ってさっぱりし、
途中、波賀の道の駅で、お土産に「波賀かりんとう」(甘すぎず非常に美味しい)を購入し、
29号線を帰った。

帰宅すると14時前。鳥取市からは大山ヒルクライムよりも身近なレースだ。