読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐用詣で


JR上月駅前から見た快晴の空。
山陽と山陰。この季節は、言葉のとおり、
中国山地を境に天気がまったく違うことを思い知らされる。


昨日見た天気予報では、日曜日の鳥取は曇り時々雨となっていた。
週間予報を見ると、週末にクリスマス寒波がやってくる模様で、来週も実走は難しそう。
TTさん達の岡山詣は8時30分カインズ集合となっていて、
所用のため、この集合時間に間に合わせられない上に、
昼過ぎくらいには自宅に戻りたいので、ご一緒させていただくことは難しい。
なので、1人詣でを計画。
ガーミンコネクトで、粟倉の黄金泉をスタート地点に、60kmくらいの往復コースを設定。
佐用上月駅が折り返し地点となった。


スタート地点の西粟倉まで車で向かう。
志戸坂トンネルを出たところの温度計が−2℃になっているのを見て、びびったが、
さらに黄金泉の前で掃除をしていた従業員の方が、「今朝は−5℃でしたよ」と
丁寧に教えてくれた。
前回の反省を踏まえて、万全の防寒着を準備。末端対策はソックス2枚重ねと念を入れた。
コースは、373号線を走るだらだら下って、引き返してだらだら登るというもの。
HRは上げすぎず、下げすぎずを心がけた。
自動車では数えられないほど走っている道だが、自転車は初めて。
予想通りアップダウンが少なく、心拍トレーニングには最適なコースだった。
途中止まったのは、ひらふくの道の駅でのトイレ休憩のみだったので、
思ったよりも早く折り返し地点の上月駅に到着。

隣の直売所で買った蒸しまんじゅうをジョージアと一緒にいただき、
さっさと帰路につく。
帰りは、佐用駅前の道を通ったところ、怪しい店を発見。

うさぎ屋というお店で、焼き鳥メインの居酒屋らしい。
看板には宇宙人も通うと書いてある。写真を撮っていると、隣の家から、
おばあさんが出てきたので、ご挨拶。
「お隣、派手なお店ですね」と言うと、
「息子がやっとるんですけど、変わりもんで・・・」と返された。
その場をごまかすために、「今度、夜来ます」とかなり適当な事を言って、立ち去る。
帰路は粟倉に近づくにつれ、どんどん寒くなったが、終了後の温泉で生き返った。
2時間12分36秒 65.1km Av29.5


温泉から上がってから見た携帯電話で、swさんからのショートメールに気がついた。
自転車お誘いメールだったが、申し訳ないことをした。次回はこのコースご一緒しましょう。