読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋期大会まったくイイところなく終了

本日は、残念ながら天気予報どおりの雨。
sw邸経由で、倉吉に向かう。集合場所は高城小隣ふれあいセンター。
雨を避けて、ふれあいセンターのひさしの下でローラーアップ開始。
昨日の立ち仕事のせいか脚が重く、ここ数日の睡眠不足もあって疲れが抜けていない。
25分間のアップを終え、スタート場所の橋の上に移動。


スタート後、前半の平坦部分はスローペース。
数人が逃げていて、N原牧場ゆかりの粉Cさんが単独追走。
(クレバーではないが、こういう積極性は個人的に大好き)
スローペースが、大集団を形成。
集団内はラクだが、人の後ろにつくとまともにハネを受けるのがイヤだ。


ウォ−ミングアップで感じていたとおり、脚が重たい。
中盤のいくつかある短い登りの度に、どんどん重く回らなくなる感じで、
苦しくて一向にペースが上がらない。
何とか部長の後ろについていたものの、終盤の登りにさしかかると、
みるみる離され、swさんにもあっさり抜かれる。
ダラダラ坂でも苦しく、前方の粉Cさんに離されまいとついていくが、
12〜13kmしか出せない。
最後のヘアピンカーブもあまりのつらさにラストスパートできずに終了となり、
まったくイイところがなかった。
公式タイム27分19秒(19人中13位)[出典:燃焼系燃焼系]
POLARのデータを確認したところ、終盤の登りは単独で走った昨年よりもタイムが遅かった。
皆さんお疲れさまでした。
これで、2011シーズンのヒルクライムは終了。
来シーズンに向けて、現在取り組んでいることを積み上げて行きたい。


スタートを待つ4人の初老こびと。