読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛暑

昨日は皆生トライアスロンのバイクコース試走。
1週間前に、皆生のリレーの部へのオープン参加が急遽決定したため。
西部のK嶋さんからのオファーでチームを構成、選手同士は面識がない。
swimは女性で、マスターズスイマー。トライアスロンの経験もあるらしい。
runは中部のサブスリーランナーの方で、K原くんに聞くと「速いですよ」とのコメント。
こうして見ると、3種目の中で、バイク担当の弱さが目立つ。
あぁ、プレッシャーが・・・(汗)。


1週間前の試走は、疲労回復面で不安なので、普通はやらないが、
少しでも距離と暑さに体を慣らすためには、致し方ない。
自宅でswさん、現地でY本さんと合流し、9時前に皆生をスタートする。
既にかなり暑い。汗の量がハンパじゃない。
フィールドアスレチックに向かう大山道路のダラダラ上りで、汗がしたたり落ちる。
右折後、swさんに、膝故障でペースアップできないY本さんを待ってもらい、
単独で岸本のペンション村先の折り返しまで行ってからガーデンプレイスへ。
IKTさんともここで合流。サポートカーになってくれるとのことで、ありがたい。


その後、前半貯めていたswさんは調子が上がってきた模様。ゴリゴリ漕ぎ始めた。
こっちは妻木晩田の上りの途中で、気持ち悪くなってきた。ポカリが美味しくない。
脚も急激に重たくなり、完全に脱水症状。
中山トレセンまで、脚攣り気配が出たり、消えたりの繰り返し。
今日は重くなるのを嫌って、ボトルを1本にした。
前半に、休憩までとっておこうとあまり補給しなかったのが敗因。


その後、IKTさんは急遽仕事が入ったとのことで、お帰りに。
Y本さんも単独で、皆生に戻ると連絡が入る。
中山トレセンで長めの休憩後、再スタート。
中山温泉の上りで、とうとう攣ってしまう。以前の皆生の練習会でもここで攣った。(泣)
あとは、ゴールまで覚悟を決めて、超マイペース。
帰りの淀江の上りでは、両腿、両ふくらはぎが攣りながら、低速で走るという器用な技を披露。
途中、swさんを待たせながら、瀕死の状態で、ゴールへ。
幸い河川敷は追い風だった。今日の経験が来週に必ず生きると信じたい。
5時間33分26秒 138.7km Av25.1


帰りは中山温泉でさっぱり。水風呂が暑さにやられた体に強烈に効く。
swさん、Y本さんお疲れ様でした。おつきあいありがとうございました。